スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人工細菌」を作製=合成DNAで増殖―医薬品、燃料生産目的・米研究所(時事通信)

 細菌をほぼ人工合成することに初めて成功したと、米民間の「J・クレイグ・ベンター研究所」(メリーランド州)が21日、米科学誌サイエンス電子版に発表した。モデルに選んだ細菌のDNAをまねて化学合成し、入れ物代わりの別種の細菌に移植したところ、生きて活動し、増殖した。
 同研究所は、人間の全遺伝情報(ヒトゲノム)の解読に貢献したクレイグ・ベンター博士(63)が率いる。医薬品やワクチン、バイオ燃料の効率的な生産や水質浄化などに役立つ新細菌の開発が目的と説明するが、人類史上初めて、「生命の創造」に手が届く段階に達したと言え、議論を呼びそうだ。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
カエルのゲノム解読=水から陸へ進化解明に手掛かり
肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待
超高圧水流でセルロース粉砕=バイオ燃料生産に新技術
フィリピンで最大級のバイオエタノール事業=伊藤忠と日揮

電波発信、機能を確認=鹿児島大、創価大の衛星(時事通信)
PCI元社長の無罪確定へ=検察側上告を断念―東京高検(時事通信)
<普天間>辺野古移設 またアメとムチ、裏切りに沖縄怒り(毎日新聞)
学校の弓・矢160点窃盗、大学生ら6人書類送検 兵庫・三田(産経新聞)
ふるさと納税、申し込み相次ぐ=2週間で2200万円―宮崎県(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。